【2018年】トラック・重機買取業者ランキングの最新版!
日本全国のトラックや重機の買取業者の「買取価格」・「スタッフの対応」・「口コミ」・「査定スピード」・「対応エリア」などを徹底比較し、ランキング形式でまとめています!

愛知県でトラック・重機買取に対応する業者

国内自動車産業の拠点!愛知県で中古のトラックや重機の買取に対応する業者や愛知県を拠点に持つ買取業者をご紹介します。

愛知県でトラック・重機の買取に対応する業者一覧

  • トラック王国

    トラック王国
    全国での買取実績あり、もちろん出張査定は無料!

    愛知県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    自社サイトで買取査定、販売も行う中古トラックの大定番!直接の顧客、車両輸出、オークション、バイヤーなど広範な販路で適切な売却先を選択し、高額での買取が可能!

  • トラック堂

    トラック堂
    中古トラック・重機の完全無料出張査定

    愛知県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張買取エリアは日本全国に及び、沖縄、離島にも対応しています。さらに出張料・査定料が無料であることを明記しています。

  • 買取の王道

    買取の王道
    北海道・沖縄・離島も出張査定費用は無料!

    愛知県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張査定が必要な車輌があった場合には各エリア担当者が無料で出張します。もちろん北海道から沖縄まで全国対応!!全国各地での買取実績もホームページで豊富に紹介しています。

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • トラックジャパン

    トラックジャパン
    買取も販売も全国対応!

    愛知県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • ラビット

    ラビット
    買取も販売も全国対応!

    愛知県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • 株式会社 坂本自動車商会

    株式会社 坂本自動車商会

    愛知県弥富市稲元六丁目43番地

  • 日光オート

    日光オート

    愛知県名古屋市港区藤前1丁目613番地 事務所2階

  • エージェントジャパン

    エージェントジャパン

    〒444-0835 愛知県岡崎市城南町1丁目7番6

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • 若杉自動車

    若杉自動車

    愛知県海部郡飛島村大字飛島新田字竹之郷ハニノ割103-1

  • 松田商会

    松田商会

    〒441-8117 豊橋市浜道町字八坂66

  • 彰秀企業株式会社

    彰秀企業株式会社

    愛知県安城市東栄町横根畑59番地23

  • 安城トラックセンター

    安城トラックセンター

     愛知県安城市東栄町7丁目2番地9 

  • イトウ商会

    イトウ商会

    西尾市東幡豆町越田114-1

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • ティートレーディング

    ティートレーディング

    愛知県名古屋市西区あし原町220番

  • 中京自動車

    中京自動車

    〒446-0045 愛知県安城市横山町横山45-31

  • オーシャントレーディング

    オーシャントレーディング

    愛知県一宮市大毛西新開95-1

  • トラスト中川

    トラスト中川

    愛知県名古屋市中川区伏屋5-301

  • エースカンパニー

    エースカンパニー

    〒470-0224 愛知県みよし市三好町森曽9

  • 昭和オート

    昭和オート

    愛知県豊明市前後町善江1710番地の8

愛知県の建築・交通情報

愛知県のトラック買取需要に関係のある建築・土木情報をお届けします!

愛知県の風土

愛知県には濃尾平野東部にある丘陵から知多半島にかけてのなだらかな勾配を利用した、農業用、工業用、上水道の水を供給する1000kmを超える人口の用水路があります。 これが有名な愛知用水です。

濃尾平野の治水関連の公共事業

用水の画像 知多半島には大きな河川が存在しませんので、田畑を潤す水は河川から取ることが不可能で、古くから干害に悩まされてきたのです。 そこで、豊富な水量を誇る木曽川から水を引くことが出来たらと考えたのです。 昭和22年の大干ばつを基に国家事業として愛知用水の建設が始まりました。

水は高いところから低いところへ流れます。あたりまえのことです。 まず、高い場所に水を蓄積するダム建設と木曽川からダムへ水を引き入れる取水工事を行い、その後、田畑まで伸びる水路の工事が必要となります。 日本にはまだ用水路を引く先端技術がなく、アメリカから技術者が訪れました。 そして最も新しい土木技術力をもって僅か4年で完成に至ったのです。

愛知用水は最終的に美浜調整池で終わっていますが、更に海底の導水管を通して日間賀島や佐久島、篠島まで送られています。 農地開拓の為に用水路を建設するという技術が古代から伝わり、今日の建設技術発展の先駆けとなっていきます。

トラック需要を賑わせた2005年愛・地球博

愛知県を代表するものといえば、2005年に開催された愛・地球博(愛知万博)が先ず挙げられます。 愛・地球博はその名の通り、121の国々が参加しパビリオンを建設。 会期は185日でしたが、2200万人もの来場者数を誇ります。 地球環境をメインテーマに開催された万国博覧会です。 キャラクターの「モリゾーキッコロ」からも自然を守ろうとする意気込みが伝わってきます。 メインテーマ曲のひとつである夏川りみさんの「ココロツタエ」では「自然を愛する心は風に運ばれ海を越え遥かな道になる」と歌っています。 世界中の人々の心が一つになって地球を愛し自然環境保全に力を注いでいこうという博覧会開催だったのです。

しかしながら、その裏側では建設に伴う森林破壊が問題になっていたのです。 開催予定の森林からは絶滅危惧種の野鳥の巣が見つかったり、苔藻類や植物の生態系の破壊に繋がるとして反対意見もあったのです。 10年を経て、現在の跡地はモリコロパーク公園として残されています。 会場となった場所の殆どは緑に返っています。 これこそが自然を守ろうとする愛地球博が残した、大規模博覧会と建設に伴う環境破壊問題に一石を投じたテーマパークでもあります。

車両情報を入力、情報を確認後送信、買取業者から査定額のご連絡
車両情報を入力してください。
ディーラー
車種
形状
年式
走行距離/稼働時間
その他買取に有利な
ポイント等
お客様の情報を入力してください。
お名前
ふりがな
電話番号
メール