【2018年】トラック・重機買取業者ランキングの最新版!
日本全国のトラックや重機の買取業者の「買取価格」・「スタッフの対応」・「口コミ」・「査定スピード」・「対応エリア」などを徹底比較し、ランキング形式でまとめています!

佐賀県でトラック・重機買取に対応する業者

佐賀県で中古のトラックや重機の買取に対応する業者や佐賀県を拠点に持つ買取業者をご紹介します。

佐賀県でトラック・重機の買取に対応する業者一覧

  • トラック王国

    トラック王国
    全国での買取実績あり、もちろん出張査定は無料!

    佐賀県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    自社サイトで買取査定、販売も行う中古トラックの大定番!直接の顧客、車両輸出、オークション、バイヤーなど広範な販路で適切な売却先を選択し、高額での買取が可能!

  • トラック堂

    トラック堂
    中古トラック・重機の完全無料出張査定

    佐賀県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張買取エリアは日本全国に及び、沖縄、離島にも対応しています。さらに出張料・査定料が無料であることを明記しています。

  • 買取の王道

    買取の王道
    北海道・沖縄・離島も出張査定費用は無料!

    佐賀県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張査定が必要な車輌があった場合には各エリア担当者が無料で出張します。もちろん北海道から沖縄まで全国対応!!全国各地での買取実績もホームページで豊富に紹介しています。

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • トラックジャパン

    トラックジャパン
    買取も販売も全国対応!

    佐賀県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • ラビット

    ラビット
    買取も販売も全国対応!

    佐賀県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • 株式会社カネタニ

    株式会社カネタニ

    佐賀県鳥栖市真木町1106-1

  • 株式会社 コガ・エクスポート

    株式会社 コガ・エクスポート

    佐賀県神埼市神埼町鶴2036-1

  • 有限会社インターオート

    有限会社インターオート

    佐賀県鳥栖市藤木町2090番1

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • 有限会社フィールド・ガレージ

    有限会社フィールド・ガレージ

    佐賀県武雄市武雄町大字武雄8163

佐賀県の建築・交通情報

佐賀県のトラック買取需要に関係のある建築・土木情報をお届けします!

佐賀の流通の要「鳥栖貨物ターミナル駅」

鳥栖市原町にある日本貨物鉄道の貨物駅である鳥栖貨物ターミナル駅は、各地から集まる貨物の保管機能や荷役設備など充実した機能を持っています。 駅の構成には、線路に接して設けられた台の島式プラットホーム1面と、片側のみが線路に接している単式プラットホーム1面の2面のコンテナホームがあり、貨物列車のみが発着する3本の荷役線が接しています。また、この他にも通常の発着線が3本あります。

各地から集まるコンテナの種類は、12ft(フィート)コンテナ、20ft・30ft大型コンテナ、20ft海上コンテナ(ISO規格)があり、肉・野菜・果物・魚介類などの生鮮食品から、自動車部品、工業製品、薬品、産業廃棄物など様々なものが輸送されています。

コンテナの集配エリアは、主に福岡県筑後地方、佐賀県東部・南部を対象としており、久留米東郵便局への郵便物も運ばれています。 輸送に使用されるトラックには、コンテナ専用トレーラーや、コンテナを付けたままダンプアップできる構造のトラックなど様々なトラックが使用されたトラック便で目的地まで輸送されることになります。

国指定重要文化財に登録されている「筑後川昇開橋」

筑後川昇開橋は、筑後川をまたいで福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町を結ぶ鉄道用可動式橋梁として昭和10年5月25日に旧国鉄佐賀線として開通しましたが、昭和62年3月27日の旧国鉄佐賀線廃止により廃線となりました。 旧佐賀線廃止後も取り壊されることなくその状態が保存され、平成8年4月29日に歩行者通行のための「筑後川昇開橋遊歩道」として生まれ変わり、歴史上・芸術上の価値が高いとして平成15年5月30日に「国指定重要文化財」に登録され、歴史に残る機械技術関連遺産として平成19年8月7日には「機械遺産」に認定されています。また、昇開橋の精巧模型が1937年にフランスパリで行われたパリ万博に出展され、海外の方からも日本の高い技術力に高い評価を受けました。

現在では遊歩道として使用されている昇開橋ですので、自転車やバイク、ペット連れでの通行はできません。昇開橋の稼働時間は9時から16時の間で1時間に1回上昇・降下を繰り返しており、昇開橋が降下している1時間おきに30分間が通行可能時間となります。

可動橋には橋桁が水平方向に回転する回転橋や、船を通行させるときに鎖などでつり上げる跳ね橋がありますが、旧筑後川昇開橋は舟運と共存するために橋の中央付近にある可動橋24mが垂直に上下する日本で現存する最古の昇開橋です。

筑後川昇開橋の全長は507.2mで、建設当時には橋桁を架ける時は船で運び、潮と浮力を利用したと記録されていますが、橋脚の深さ15?18mまでの掘削作業では、有明海の千満の差が大きく水面が一定ではないため困難を極めたそうです。

車両情報を入力、情報を確認後送信、買取業者から査定額のご連絡
車両情報を入力してください。
ディーラー
車種
形状
年式
走行距離/稼働時間
その他買取に有利な
ポイント等
お客様の情報を入力してください。
お名前
ふりがな
電話番号
メール