【2018年】トラック・重機買取業者ランキングの最新版!
日本全国のトラックや重機の買取業者の「買取価格」・「スタッフの対応」・「口コミ」・「査定スピード」・「対応エリア」などを徹底比較し、ランキング形式でまとめています!

和歌山県でトラック・重機買取に対応する業者

和歌山県で中古のトラックや重機の買取に対応する業者や和歌山県を拠点に持つ買取業者をご紹介します。

和歌山県でトラック・重機の買取に対応する業者一覧

  • トラック王国

    トラック王国
    全国での買取実績あり、もちろん出張査定は無料!

    和歌山県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    自社サイトで買取査定、販売も行う中古トラックの大定番!直接の顧客、車両輸出、オークション、バイヤーなど広範な販路で適切な売却先を選択し、高額での買取が可能!

  • トラック堂

    トラック堂
    中古トラック・重機の完全無料出張査定

    和歌山県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張買取エリアは日本全国に及び、沖縄、離島にも対応しています。さらに出張料・査定料が無料であることを明記しています。

  • 買取の王道

    買取の王道
    北海道・沖縄・離島も出張査定費用は無料!

    和歌山県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    出張査定が必要な車輌があった場合には各エリア担当者が無料で出張します。もちろん北海道から沖縄まで全国対応!!全国各地での買取実績もホームページで豊富に紹介しています。

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • トラックジャパン

    トラックジャパン
    買取も販売も全国対応!

    和歌山県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • ラビット

    ラビット
    買取も販売も全国対応!

    和歌山県対応 出張費用無料
    北海道対応 沖縄対応

    日本全国、出張無料査定に対応しています。経験と知識豊富な査定員が迅速に対応可能です。

  • 有限会社 高橋自動車商会

    有限会社 高橋自動車商会

    和歌山県和歌山市岩橋560-4

  • アカヤマ自動車商会

    アカヤマ自動車商会

    和歌山県和歌山市栗栖351-1

  • 高山商店

    高山商店

    和歌山県和歌山市中480番地

  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • なすオート

    なすオート

    和歌山県田辺市上の山1丁目5-2

和歌山県の建築・交通情報

和歌山県のトラック買取需要に関係のある建築・土木情報をお届けします!

高野龍神スカイライン

四国のお遍路、88箇所巡りを終えられた巡礼者さんは 和歌山県高野山へ御札を納めに参拝をします。

高野山は和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称です。 平安時代から空海(弘法大師)が修業の場として開いた高野山真言宗 比叡山と並ぶ日本の仏教の聖地です。 「紀伊山地の霊場と参道道」として世界遺産に登録されています。 転軸山・楊柳山・摩尼山の三山が高野三山と言われていて高野山という 固有名詞の峰は存在しないのです。

高野山の参拝を終えた観光客が次に南紀白浜へ向かいう場合には 高野龍神スカイラインを経由することとなります。

和歌山県と奈良県境の1000m級の尾根にそって延びる道路で 景観が素晴らしく展望台付近には環境客があふれます。 (道の駅田辺市龍神ごまさんスカイタワー・道の駅龍神) 適度なアップダウンやカーブが適度にありドライブ・ツーリングの名所 としても知られています。反面バイク事故の多発する場所でもあります。  標高が高いことから冬場は雪のために通行規制が行われています。

この道路建設にあたっては環境豊かな尾根筋を削って作られるもので 周辺の環境破壊が問題になります。護摩壇山のブナ林が道路付近から 枯れ始めて林そのものの存続が危ぶまれています。

浮上式防波堤

和歌山県沖を震源とする南海地震発生が近年にもと心配されています。 東北を襲った東日本大震災に於ける津波被害は記憶に新しいところですが 和歌山県沿岸も南海地震発生時には10メートルを超える 津波が予測されています。

和歌山県海南市下津港では直立浮上式防波堤が計画されます。 浮上式防波堤は海底に埋設され直線に並べられた筒状の柱を 空気圧によって浮上させ波の力を軽減しようとする防波堤です。

その効果は波の力を約20%軽減させると計算上は伝えられていますが 果たして海底から7.5mの壁を作ったところで10mを超える波に対して どれほどの効果があるのかは未知数です。 地震の揺れによって故障も懸念され機能を果たすかという疑問もあります。

既に87億円を投じてきた計画ですが総工費400億円に迫る費用 最終的に国土交通省近畿地方整備局は、断念すると発表します。 「東日本大震災後に想定された南海トラフ巨大地震の規模では、 海底で変形して浮き上がらない可能性がある」と判断されたのです。

新しい建設技術は日進月歩です。それを効率的に活用するのは 施工するものではなくて計画を立てて進めていく政治的な責任であって 革新的な技術を妨げるものであってはならないのです。 私達の安全を支える建築技術の未来に期待していきたいものです。

車両情報を入力、情報を確認後送信、買取業者から査定額のご連絡
車両情報を入力してください。
ディーラー
車種
形状
年式
走行距離/稼働時間
その他買取に有利な
ポイント等
お客様の情報を入力してください。
お名前
ふりがな
電話番号
メール