【2019年】トラック・重機買取業者ランキングの最新版!
日本全国のトラックや重機の買取業者の「買取価格」・「スタッフの対応」・「口コミ」・「査定スピード」・「対応エリア」などを徹底比較し、ランキング形式でまとめています!

マツダ買取情報 マツダの歴史や特徴、
取扱い車両や車種別に買取情報などをまとめています!

マツダの特徴

マツダのトラック事業としては、1トン未満において「ボンゴ」シリーズ、4トン未満では「タイタン」で大きな商用車シェアを獲得してきた企業です。
ボンゴシリーズにおいては小さなダブルタイヤを採用することによって泥濘にも強く、荷台を低く抑えることによって作業の効率化を上げる利点で、小売業などに幅広く受け入れられています。
タイタンも架装用途が広く、公用車、作業用車として低価格で購入できたことも、受け入れられた要因です。
マツダと言えば値引きという印象でとにかくリーズナブル、そんな時代が長く続いてきたのです。
軽貨物においてもポーターキャブが人気車種としてありましたが、現在はスクラムシリーズとしてスズキのOEMでの提供となっています。
マツダを語るにはロータリーエンジン開発の飽くなき職人芸がなせる企業努力と、ル・マン制覇の偉業を抜きにしては語れないです。
現在はその職人が居なくなってロータリーから撤退という寂しい結果となっています。
日本の産業の基礎を成してきた品質が無くなろうとしています。
マツダは社風として「個性と品質のマツダ」を掲げ、新しい斬新な車を世に送り出してきました。
しかし、その斬新故に時代を先取りしすぎて失敗をしてきた企業でも有ります。
成功事例としてマツダ再生に大きく貢献したファミリアハッチバックの量販が挙げられます。
次世代のエンジンとされるクリーンディーゼル車が量販耐性になっています。
しかし、商用車にはまだ採用がされていないです。
ディーゼル車は圧力で制御するエンジンです。
商用車として長距離走行利用との兼ね合いも伺えますが、その燃費性能故にトラック業界にも採用が待たれるエンジンです。
「マツダ」の名称は事実上の創業者である松田重次郎の姓と、叡智・理性・調和の神を意味するゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーにちなんで自動車産業の光明となることを願って付けられたものです。

マツダの歴史

1920年(大正9年)、コルクを生産する東洋コルク工業株式会社として設立。
1927年(昭和2年)、東洋工業株式会社に社名を変更。
1931年(昭和6年)より3輪トラックの生産を開始。
1950年(昭和25年)に4輪トラックCA車を発表。
1960年(昭和35年)にR360が量販に成功してマツダの名称が知られるようになる。
1967年(昭和42年)、ロータリーエンジン搭載車を発売。
1970年(昭和45年)、東洋工業、日産自動車、フォードの合併。(資本比率フォードが50%を持ち、フォードの傘下に入ります。共に対米への輸出を開始します。)
1984年(昭和59年)に現在の名称マツダ株式会社となる。
1989年(平成元年)、ユーノス、オートザム設立。
1991(平成3年)、第59回ル・マン24時間耐久レースでマツダの3ロータリーエンジン787B車が総合優勝を果たします。同年、マツダオートチャンネルをアンフィニに変更
1996年(平成8年)、アンフィニ店をマツダアンフィニ店に呼称変更。
2002年(平成14年)、新ブランドイメージ「Zoom-Zoom」を展開
2007年(平成19年)、国内生産台数4000万台を達成しました。

マツダの取扱い車両

タイタンダッシュ 1.25~1.5tクラスの小型トラック
ボンゴ バン・ワゴン・小型トラック
タイタン 1.75~4tクラスの小型トラック
パークウェイ マイクロバス
スクラム バン・ワゴン・小型トラック

マツダの買取実績のある買取業者

  • トラック王国

    トラック王国
    中古トラック・重機高価買取、格安販売

    マツダ買取対応 出張費用無料
    全国対応 実績紹介
  • トラック堂

    トラック堂
    中古トラック・重機の完全無料出張査定

    マツダ買取対応 出張費用無料
    全国対応 実績紹介
  • 買取の王道

    買取の王道
    北海道・沖縄・離島も出張査定費用は無料!

    マツダ買取対応 出張費用無料
    全国対応 実績紹介
  • 一括査定で一番高く売ろう

    入力フォームで最大5社全国対応
    トラック買取業者に車両情報を送信できる

    一括査定する▶

  • トラックジャパン

    トラックジャパン
    買取も販売も全国対応!

    マツダ買取対応 出張費用無料
    全国対応 実績紹介

マツダ車種別買取情報