トラック買取ニュース!

トラックや重機の買取に因んだニュースやお役立ち情報をコラム形式で更新しています!

買取 油圧ショベル|中古油圧ショベルを確実に高額売却するコツ

油圧ショベル(ユンボ・バックホー)には小型から大型のもの、クローラー式からホイル(ホイール)式油圧ショベルまで種類があり、ビジネスに欠かせないという業種も多く、様々な方面で主役的な存在になっています。

Hydraulic excavator1

油圧ショベルは製造メーカーも様々ですが、需要や新車価格が高いため、売却時は「できるだけ高く売りたい」と考えますよね。

そんな油圧ショベルは、より高く売るコツを覚えておけば高額売却を確実に実現できます!

そこでこの項目では、中古油圧ショベルをより高く売るコツについて紹介していきます。

▼目次

油圧ショベルの種類と特徴

Hydraulic excavator6

油圧ショベルは「ユンボ」「バックホー」「パワーショベル」「ドラグショベル」などと呼ばれることも多いですが、これは重機製造メーカーによる商品名が通称として用いられているためです。

バケット部分はアタッチメントを交換することで、切断、破砕、掴む、斫る(はつる)など様々な作業に対応でき、また、ユンボを使って建設現場で作業を行うには、「車両系建設機械」の講習を受けたり、修了試験に合格する必要があります。

これらの資格が無いと無資格運転となり、罰則の対象となってしまいます。

さらに、ホイル(ホイール)式油圧ショベルの場合は、車両重量に則した自動車免許が必要になります。

確実に高く売れる買取業者を簡単に探すテクニックとは!?

attachment

油圧ショベルの売却を検討している人の中には、近くに買取店が無いというケースもあると思います。

輸送費(手数料)が高額になる油圧ショベルは、引き渡し時の輸送料が無料であるかという点も重要なポイントになります。

この他にも中間マージンや出張査定料など様々な手数料がありますが、もし手数料が必要な買取業者に依頼した場合は、少なくとも10万円以上を無駄にすることになります。

このため査定から引き渡しまで「手数料を一切必要としない買取業者」に依頼することが重要ですし、「離島や集落を含む無料出張買取に対応」していることも重要です。

そしてここに、高額買取の要素を多く持つ買取業者を簡単に選べるテクニックがあります。

どんな油圧ショベルでも高く売るには海外への販路も多く確保している必要があり、買取業者を選ぶ場合は海外販路を確保しているか否かが最重なポイントになります。

  • 車両引き渡し時の輸送料が無料
  • 手数料を一切必要としない
  • 一海外販路を確保している

とは言っても、業界最大手の買取業者のほとんどが世界中に販売ネットワークを確立していますので、はじめから全国に買取拠点を設けていて全ての手数料が無料な買取業者を選べば、最大手の買取業者にたどり着くことができます。

油圧ショベルを最高額で売却するために行うべき査定方法とは!?

5ce8242b40333e117280b3c6edbe5bf7_s

たとえ業界最大手の買取業者とは言ってもそれぞれが独自の強みを持っていますので、どこに依頼すれば一番高く売れるのかは実際に査定額を比較してみないと判断できません。

最高額で売却するために行うべき査定方法は「同時査定」にあります。

これは、複数の買取業者から同時に査定を受けるという意味でもありますが、不要になるアタッチメントやトラックなども同時に査定を受けるという意味でもあります。

複数社に同時査定をかけることで価格競争の原理を利用して通常よりも査定額をアップできるというメリットもあります。

また、最近注目されている一括査定は業界最大手の買取業者の中から特に優良な買取業者が厳選されていますし、同時査定を簡単にかけれて、高く売却出来る査定方法として主流になりつつあります。

もちろん、一括査定を利用しても査定額が気に入らなければ売却する必要はありませんし、査定結果はメールのみで受けることができますので、査定額を調べるだけに利用しても問題ありません。

油圧ショベルがどれくらい高く売れるのか気になるという場合は、試しに一括査定を利用して各社の査定額をチェックしてみてはいかがでしょうか。

トラックの買取、売却をご検討の方は下記バナーをクリックすれば、
口コミで人気の大手5社に一括査定を依頼できます。
ぜひご利用ください!
↓↓↓
買取ランキング上位5社に一括査定!!

トラック・重機買取業者ランキング

▲ページの先頭へ