トラック買取ニュース!

トラックや重機の買取に因んだニュースやお役立ち情報をコラム形式で更新しています!

「ミニユンボ 買取」高額買取のコツや業者について

都市部での工事や、狭い路地などでの工事に活用されるミニユンボ(ミニ油圧ショベル)。国産ミニユンボは機能性の高さなどから、国内外で活用されていますが、どのようにして海外に輸出されているのでしょうか。

miniyumbo1

今回はミニユンボを高額で売却するコツや、ミニユンボ自体について、買取を行う業者についても触れて行きたいと思います。

<※いち早くユンボを売却したい方はコチラをクリック!

▼目次

そもそもミニユンボとは?

miniyumbo2

では、ミニユンボが持つ特徴とは、何があるのでしょうか?

ミニユンボとは、主にコマツ・クボタ・CAT(キャタピラージャパン)・日立建機・ヤンマーなどのメーカーが製造している、油圧ショベルの一種です。

バケットのサイズが30以下であればミニユンボと位置付けられ、車両によっては小型ダンプの荷台に載せて運搬することも可能です。小型のサイズを活かして、都市部や住宅地での建設から、個人宅の庭整備などにも使われています。

また、一部車両のアーム部分には配管が取り付けられているので、アタッチメントを交換して破砕などの作業も行えます。

  • バケットサイズ30以下
  • ダンプでも運搬可能
  • 都市部から個人宅まで活用可能
  • アタッチメントにより作業幅広がる

※ミニユンボを高く買取できる業者はこちら!

高額買取ができる業者について

miniyumbo4

ミニユンボは幅広い用途に使われることから、中古市場でも人気があります。

しかし「買取業者に出したけど安値」といった事態は避けたいですよね。実は、ミニユンボを高額買取できる業者は、それなりの条件を持っています。

  • 重機・建機の専門業者
  • 海外販路を持つ
  • 査定対応が柔軟

高額買取ができる業者は、ミニユンボなどの重機・建機を専門的に買取し、海外に輸出・販売を行うことができます。海外では国内で製造された重機本体からパーツまでも求められているので、高額買取が可能になっています。

※高額査定業者への申し込みはこちらから!

ミニユンボの高額買取について

miniyumbo3

ここからは、ミニユンボを高額で売却するコツなどについてご紹介します。ミニユンボは、主に10万円から50万円ぐらいの査定額を付けられることが多く、年式・アワー・状態が問われます。

また、車体状態に関しては、エンジンなどが問題なく可動することや、車体全体がキレイであることなどが求められます。「査定に出す前に修理に出す」事までは求められませんが、全体的な掃除・メンテナンスに関しては行っておいてください。

さらに、アタッチメントや必要書類などに関しても用意しておけば、プラス査定に繋がりますので、全て査定時に提出できるようにご用意ください。

また、優良な買取業者は査定対応が柔軟であり、相談すれば様々な希望を通してくれます。そんな買取業者を探すには「一括査定」の利用がオススメです!

下のボタンから、国内外で販路を持つ買取業者5社に、まとめて査定依頼を行えます。高額買取を狙っている方は、ぜひお申し込みください!

ユンボの買取、売却をご検討の方は下記バナーをクリックすれば、口コミで人気の大手5社に一括査定を依頼できます。
ぜひご利用ください!
↓↓↓
買取ランキング上位5社に一括査定!!

トラック・重機買取業者ランキング

▲ページの先頭へ